HOME

Ri3C 概要

ミッション

メッセージ

代表・プリンシパル

サービス

企業研修

講演会・講座

通訳

コンサルティング

著作活動

書籍・出版物

ビデオ/オーディオ
『英語の素振り.com』
インフォメーション
お問い合わせ・連絡先
日本クラブ講座

ゴガクル NHK語学講座で学ぶあなたを応援します
浅田浩志の「ニューヨーク直送! ネイティブの英語表現」

講師派遣・講演会の講演依頼.com
当サイト主宰 浅田浩志 講師依頼のお問い合わせ

 
 

Ri3C: メッセージ

日本は戦後の焼け野原から復興し、めざましい高度成長を遂げ、あっという間に世界第二の経済大国となりました。国民の勤労のおかげで、Made In Japan のイメージが「安かろう悪かろう」から「高品質」に塗り替えられ、多くの日本の会社や製品名が世界でお馴染み (household names)  になりました。製品、即ち「物 」先行ではありましたが、世界での日本人のステータスも上がりました。その後オイルショックを経験し、バブル経済とその崩壊を生き抜いてきた日本は、様々な問題を抱えてはいるものの、いろいろな意味で成熟した裕福な社会となったわけです。

さて、「良製品」が先行して出来上がった「物」としての日本のイメージと比べると、「人」としての日本人はどちらかというとあまり理解されていないか、しばしば誤解されている感があります。日本企業、日本人が海外に出て活躍するようになって久しいですが、経済的な「物・金」の影響力と比較すると、「人・文化・考え」としての影響力が弱いのは残念ながら事実です。そしてその大きな理由の1つはコミュニケーションの問題であることは否めません。

日本が裕福で経済的に成熟した国となった今、国際社会に貢献していく上で重要なのはより積極的 (proactive) なコミュニケーションなのです。言い換えれば、第一線にいる日本人には外に対して新しい概念 (concept)や発想 (creativity)を示したり、リーダーシップ (leadership) を発揮したりという、より高度なコミュニケーション能力が要求されるのです。「英語は度胸で、どうにか通じればいい」とか「英語圏に行ってしまえば、あとはどうにかなる」といった考え方は、もはや通用しないのです。 

Ri3C (Research Institute for Cross-Cultural Communication, LLC) は、今の日本人には、「とりあえず通じる英語」を超えた「人を動かす英語」へのステップアップが急務だと考えます。我々は、学校や、英会話学校では充分に教えることの無い、実生活、実務経験に裏打ちされたトレーニング・プログラム、教材を様々なメディアを通じて提供し、皆様のコミュニケーション力向上のお手伝いをしてまいります。


Ri3C
代表・プリンシパル
浅田浩志

Ri3C 概要
ミッション | メッセージ | プリンシパル

 

Copyright 2005-2007 Research Institute for Cross-Cultural Communication, LLC