HOME

Ri3C 概要

ミッション

メッセージ

代表・プリンシパル

サービス

企業研修

講演会・講座

通訳

コンサルティング

著作活動

書籍・出版物

ビデオ/オーディオ
『英語の素振り.com』
インフォメーション
お問い合わせ・連絡先
日本クラブ講座

ゴガクル NHK語学講座で学ぶあなたを応援します
浅田浩志の「ニューヨーク直送! ネイティブの英語表現」

講師派遣・講演会の講演依頼.com
当サイト主宰 浅田浩志 講師依頼のお問い合わせ

 
 

2日間研修プログラム概要2コース)
米国各地をはじめ、日本出張もいたします。業種、業務内容、等にあわせたカスタマイゼーションもいたします。

「マネージメント・コミュニケーション」:英語でビジネス、マネージメントをする上で熟知しておくべきコミュニケーション・スキルの6領域と必須頻出英語表現
CODE: BMC6-01

対象英語を使ってマネージメントに 携わる方々全般。海外赴任予定者、 駐在者、留学予定者、また日本国内で国際業務、外資系顧客、人事戦略等に携わる方々。*1各企業のニーズに合わせて、例えば以下のような職階に合わせた研修も可能です。
  
中堅・上級管理職向け
  管理職候補向け
  若手・一般社員向け
  新入社員向け
目的マネージメントに関わる、リーダーに期待されるコミュニケーション・スキルの確認とブラッシュアップ、並びに必須頻出英語表現の演習。
特徴Ri3C開発のマネージメント・コミュニケーションのモデルと頻出英語表現データベースを基にして「何をコミュニケートするか」(what to say it) と「どうコミュニケートするか」(how to say it)を有機的に結びつけた即実践向けのプログラム。
形式ディスカッション、ケース・スタディー、プレゼンテーション、頻出英語表現演習(レベルに合わせて100~150表現目標)、発音練習・矯正等使った研修者参加型おおよその時間配分:マネージメント・コミュニケーション上の知識・テクニック約70%、頻出英語表現演習約30*2 1研修あたり30人程度まで。

プログラムの詳細に関してはここをクリックしてください

 

マネージメントの英語 (日本英語からの脱却):人を動かす英語力の習得法と必須頻出英語表現
CODE: NMJE-01

対象英語を使ってマネージメントに 携わる方々全般。海外赴任予定者、 駐在者、留学予定者、また日本国内で国際業務、外資系顧客、人事戦略等に携わる方々。*1各企業のニーズに合わせて、例えば以下のような職階に合わせた研修も可能です。
  
中堅・上級管理職向け
  管理職候補向け
  若手・一般社員向け
  新入社員向け
目的ビジネスの世界では、とりあえず通じる「日本英語」では限界があることを認識し、ネイティブが頻繁に使う「自然な英語」に多く触れることを通じて、人を動かす英語を 目指すための学習法を身に付ける。
特徴Ri3C開発の頻出英語表現データベースから選出した表現は実際のビジネスの現場で使われる汎用性の高いもので、即実践可能。また、異文化とのギャップを敏感に感じ取る思考練習や論理的思考の訓練を通じ、コミュニケーション力向上へのモーメンタムをつけます。より多くの頻出英語表現をカバーし、オーバーオールなコミュニケーション能力を強化したい方には最適。
形式ディスカッション、ケース・スタディー、プレゼンテーション(可能な限りビデオ撮り実施)、頻出英語表現演習(レベルに合わせて150~200表現目標)、発音練習・矯正等使った研修者参加型おおよその時間配分:頻出英語表現演習約60~70%*2、コミュニケーション上の知識・テクニック約00%、 1研修あたり30人程度まで。

プログラムの詳細に関してはここをクリックしてください

*1海外派遣や業務配置の適性判断のツールとしてもご利用いただけます。また、TOEIC等の点数に合わせたグループ分けをし、レベルに合わせた研修、内容のカスタマイズも可能です。

*2研修で使う頻出英語表現はRi3C が開発した英語表現データベースが基になっており、『インパクトのある英語』(研究社)、月刊『英語教育』(大修館書店)、月刊『CNN English Express(朝日出版社)、月刊『アエラ・イングリッシュ』(朝日新聞社)、NHK語学番組サポート・サイト『ゴガクル』等でも紹介されています。

Top of Page

 

Copyright 2005-2007 Research Institute for Cross-Cultural Communication, LLC